2005年11月12日

早速悩み事発生(ノω・、)

いやぁ、子ネコのチビのことなのですが、凄い元気で、ペットショップでは最初の1週間はゲージから出さないで下さいって言われたのですが、出たくてうずうずしてるらしく、ゲージの中を上までよじ登ったり、入り口の所を頭で押して開けようとしたり、挙句の果てには1時間以上もにゃんにゃん鳴いて、催促するのです。あせあせ(飛び散る汗)

ペットショップに電話電話して相談したのですが、にゃんにゃんないているときに外に出すと、鳴けば出られると思って鳴き癖がついちゃうから、可愛そうでも無視して、落ち着いてるときに、15分くらい出して遊んであげてくださいって言われたのです。ふらふら

でも、にゃんにゃん催促する泣き声が隣や上の階の人に迷惑になってないか心配だし、あまりにもしつこく鳴くので気が気じゃなくてたらーっ(汗)

結局ゲージのとなりに布団を敷いて、チビを見ないように寝たら、鳴き止んで寝ちゃったようなのですが。。。
なにかアドバイスあったら教えてくださいもうやだ〜(悲しい顔)
posted by めいちゃん at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毛布もしくはダンボール箱をおっかぶせて真っ暗にして、あまり使ってない部屋の片隅にでも放置です。
人の気配がしなくなれば寝るしかないのでわりと早く大人しくなりまふ。

・・・ぶっちゃけ。
1週間くらい閉じ込めとけってのは、その環境に慣れにくくてオドオドしてる仔を落ち着かせるのに有用なだけ。&ゲージ飼いをするなら必須だね。
ただ、生活空間全部を自由にさせるつもりであって、ひとに懐きやすくて新しい匂いにも恐怖心を覚えない仔なら、無理やり閉じ込めとく必要はないなりよ。
飛び出されない部屋(閉め切れる場所)で自由にさせ、一緒に居てやると楽になじみまふ。危ないこと以外には一切手を出さず、気が済んで人間に興味を戻すまでは、じっと探検を見守ってやること。
くたびれるまで付き合ってやれば、ゲージに戻しても大人しく寝ます(笑)
・・・こっちも疲れるので、根気勝負だけど。

猫ってすっごい気が長いから、根負けしないようにガンバッテネ(笑)
Posted by 縁側のちぃ猫(出張) at 2005年11月13日 18:41
以前引越ししたときその時に飼っていた猫
しばらく引越し先の家をにおい嗅ぎながら
うろうろしていました。
猫の性格にもよると思いますが
慣れるまで不安なんじゃないのかなぁ
そんな気がします。
Posted by book at 2005年11月13日 19:16
ちぃちゃん>
勉強になります><
学校に行っている間はゲージに入れておくつもりなんだけど、チビはまさにひとに懐きやすくて新しい匂いにも恐怖心を覚えないんだよね〜w
ゲージをてっぺんまでよじのぼるし(;´Д`)
今日は鳴いても完全にほっといたら鳴いている時間がだいぶ短くなったのでちょっとほっとしてるんだ〜♪
これからもアドバイスよろしくね(*'ω'*)

bookさん>
慣れるまで不安って気持ちもあるんでしょうね。
辛抱強く頑張りますw
なんせなにもかもが初めてで、昨日はちょっと不安で眠れませんでしたけど。。。w
Posted by めいちゃん at 2005年11月13日 20:38
うちも8月に猫2匹つれて引越ししましたじょ。
ちょろちょろされると困るので、ゲージに2匹まとめて押し込んで先に新居の片隅へ。
新しい匂いのところで飼い主はいつもと違う動きをしてるし知らない人(引越屋)は目の前うろつくし、かーなーりナーバスなはずですが、ある事を境にぴたっと大人しくなりました。

僕が普段使っている香水を軽く吹き付けたハンカチを、ゲージに入れただけ(笑)
2匹ともハンカチにすりよって固まってました。
軽くとはいえ猫にはきついだろうに、知らない匂いよりは絶対マシ!ってトコだったようです。

ある日香水を変えたら飼い猫に威嚇された、なんて笑い話(?)も存在してるくらい、猫は嗅覚に頼るイキモンです。
知らない匂いに対しては、それを自分の鼻でちゃんと確かめるまで不安が続きます。
とりあえず不安を解消してやりたいなら探検させてやるのが一番、っていうのはそういう事情。
もちろん新しい環境にびっくりして体調くずす仔もいます。
人間だって性格いろいろあるわけで、それはもう猫の個体差です。
どうにもならん。
Posted by 縁側のちぃ猫(出張) at 2005年11月14日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。